連雀クリニック

消痔霊

1977年、中国医学の「酸は収斂によく、渋は固脱によし」の治療法則に基づき、漢薬のミョウバンと五倍子の有効成分を選び、消痔霊注射水溶液を作製した。 中国中医研究院広安門医院 故 史兆岐教授による痔核根治療法である。 Ⅰ度痔核の治療は痔核の粘膜下層に注射し、 Ⅱ度、Ⅲ度、Ⅳ度に対しては
(1)上直腸動脈分枝
(2)痔核の粘膜下層
(3)痔核の粘膜固有層
(4)歯状線上方の洞様静脈下極
に注射する方法をとっている。 この方法は肛門管粘膜を損傷せず、緩んだTreitz線維とParks靭帯を癒着・固定させ、肛門Cushionも癒着・固定させる。 上直腸動脈分枝は閉塞或いはほとんど閉塞し、ここに中程度の線維化が起こり、痔核を萎縮・消失させる。 消痔霊の処方・薬効作用
処方:
タンニン酸(五倍子より抽出)、硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバンより抽出、クエン酸ナトリウム、デキストラン、グリセリン、蒸留水の適量を配合し特殊製法により10mlアンプルの注射水溶液。
薬効:
(1)硬化(中程度の繊維化)
(2)毛細管の収縮作用
(3)毛細管の閉塞作用
(4)上直腸動脈分枝血管閉塞作用
(5)制菌作用
治療効果:
中国広安門医院(北京)等4ヵ所の医療機関が治療した21,361例のⅢ、Ⅳ度痔核のうち、治癒は21,148例(99%)。 当院の治療効果例は1500例で同様の治癒率である。 注射硬化法の特色は、入院なしで日帰り治療出来て、日常生活に支障なく外来通院だけで痔核根治出来る療法でもある。 日本においては、最近厚生労働省から認可された同種成分の注射液(ジオン)が発売され、訓練された肛門科専門医にだけ使用を許される。  

連雀肛門科消化器内科クリニック
院長 黄田 正徳

院長  医学博士 黄田 正徳
昭和53年 帝京大学医学部卒
昭和54年2月 東京医科大学病院外科学教室勤務
昭和57年11月 社会保険中央総合病院
大腸肛門病センター勤務
平成5年2月 大成会長汐病院
外科・肛門科勤務
平成11年8月 当院開業