連雀クリニック

内視鏡検査

痔主の方で出血を訴えることで、最近増加している大腸癌・直腸癌と鑑別する意味では、一度、大腸内視鏡検査をおすすめいたします。
大腸癌の約8割は大腸下部(S状結腸)・直腸に集中しているので、出血は肛門出血と紛らわしいことになります。早期大腸癌(ポリープ癌を含む)は肉眼的出血は少なく、便潜血反応でわかる程度です。
そのため早期発見はやはり内視鏡検査を受けることです。
検査の前処置として、当日検査日は朝早く2リットルの水溶下剤を一時間1リットルの割合で飲用し、2時間経過後に約5~6回の水様便(黄色調)になれば検査できる状態です。
検査時は直接自分の目でテレビ画面を見ることができ、大腸の様子がよくわかります。約20~30分で検査は終了です。
検査で判明する病気としては大腸ポリープ・大腸癌・大腸憩室症および憩室炎・炎症性疾患(潰瘍性大腸炎・クローン氏病)・大腸アメーバ症などがあげられます。
大腸癌の前癌状態であるいわゆるポリープは、早期に経内視鏡的に摘出すれば、発癌のリスクはなくなります。

連雀肛門科消化器内科クリニック
院長 黄田 正徳

院長  医学博士 黄田 正徳
昭和53年 帝京大学医学部卒
昭和54年2月 東京医科大学病院外科学教室勤務
昭和57年11月 社会保険中央総合病院
大腸肛門病センター勤務
平成5年2月 大成会長汐病院
外科・肛門科勤務
平成11年8月 当院開業