連雀クリニック

日帰り手術

硬膜外麻酔による無痛日帰り手術で、入院せずに帰れます。 脱出、出血症状を呈する痔核(いぼ痔)には無痛注射療法(硬化療法)が好評です。 さらに、痔出血と紛らわしい直腸癌・大腸癌の相談、検査も受け付けています。 当クリニックは社会保険中央総合病院大腸肛門病センター出身である院長が診療手術を担当しております。 大腸・肛門病疾患についてはご遠慮なくご相談ください。

連雀肛門科消化器内科クリニック
院長 黄田 正徳

院長  医学博士 黄田 正徳
昭和53年 帝京大学医学部卒
昭和54年2月 東京医科大学病院外科学教室勤務
昭和57年11月 社会保険中央総合病院
大腸肛門病センター勤務
平成5年2月 大成会長汐病院
外科・肛門科勤務
平成11年8月 当院開業